【めがね税務サテライト】連結納税の主なメリット

連結納税制度とは、親会社である法人と、その100%所有の子会社のすべてが、親会社を納税義務者として連結グループ全体の法人税を納める制度です。 連結納税制度を採用することで得られる主なメリットについて以下ご紹介致します

 

なメリット①:企業グループ内の損益通算

連結納税制度では、100%資本関係からなる内国法人グループにおいて、グループ各社の所得(黒字)と欠損(赤字)を相殺することができます。そのため、グループ内に赤字の会社がある場合には、単体申告より法人税額が少なくなる。(下図参照)

連結納税.png

 

主なメリット②:繰越欠損金の早期解消

例えば、親会社単体で繰越欠損金を繰越期間内に解消しきれない場合でも、連結納税においては「親会社の繰越欠損金」をグループ内の他の黒字会社の所得から控除することができるため、グループ内での繰越欠損金の早期解消(有効活用)が可能となります。また平成22年度税制改正において、子会社の繰越欠損金のうち一定のものは、その子法人の個別所得を限度に繰越控除が可能になりました(改正前は連結グループ加入時に無条件に切り捨て)。


 

その他注意点

上記以外にも連結納税ベースで試験研究費等の税額控除限度額の計算ができるなどのメリットがある一方で、連結納税開始時に子会社の繰越欠損金が消滅したり、子会社の資産が時価評価課税される可能性がある等のデメリットもあります。そのため連結納税の適用を受けようとする場合には慎重に判定を行う必要があります。当事務所では連結納税の専門チームを編成してますので、導入検討の際はお気軽にご相談ください。