記帳指導


記帳指導とは?


会社経営をスタートすると、日々の売上や仕入、その他のお金のやり取りを会計ソフトへ入力(記帳)していくのですが、はじめて事業を始める方にとっては決して簡単なものではありません。

特に、様々な優遇を受けられる青色申告をする場合には「複式簿記」で記帳する必要がありますが、
「現金出納帳(げんきんすいとうちょう)」「預金出納帳(よきんすいとうちょう)」「仕訳日記帳(しわけにっきちょう)」「総勘定元帳(そうかんじょうもとちょう)」等々・・・と残すべきお金の記録がたくさんあります

そこで、私どもは記帳指導として、会計ソフトの選び方から会計ソフトへの使い方入力の方法など
基本的な経理業務が出来るようになるべく指導をさせていただいています。



こんな方からご依頼いただいています


・帳簿のつけ方がわからない・・・
・会計ソフトを買ってみたものの入力の仕方がわからない・・・
・どんな会計ソフトを買ったらいいかわからない・・・
・なんとなく入力しているが、合っているか不安である・・・
・そもそも、記帳って何をしたらいいの?


など、理由はいろいろありますが、多くの方々に記帳指導をご依頼いただいています。



サービスの流れ(内容)


1日目(9:30~16:00):経理の基礎講座・経理資料の整理実践・会計ソフト設定
※会計ソフトは当社推奨のソフトからお選びいただきます。

2日目
(9:30~16:00):記帳方法・入力方法の指導

3日目
(9:30~16:00):記帳方法・入力方法の指導②
※お客様ご自身で入力していただいたデータ(1か月分)を確認し、当事務所にて入力に誤りがないかをチェックいたします。

基本的には1~2日目は一週間以内、3日目は2日目から一か月程度経ってから実施します。

料金

100,000円 (顧問契約以外のお客様)



どのようなご相談でもかまいません。ご依頼者にとって最善の策をご提案します。076-254-0301【受付時間】9:00-21:00(平日)

当事務所に関する詳しい内容はこちら


事務所のご紹介


代表挨拶


プライバシーポリシー

品質向上に向けた取り組み


よくあるご質問


お問合せ

eyecatch_1.png